注目キーワード

3種(調整・無調整・コーヒー)の豆乳でゾウリムシを簡単培養する方法!

実験概要 豆乳を使ったゾウリムシ培養 

 調整豆乳、無調整豆乳、麦芽コーヒーの中でどの豆乳が最も培養できるか、また1ml、2ml、3ml、4ml、5mlのうちどの容量が最も培養できるか実験を行った。

実験期間5日間(開始日を1日目とした場合)
実験中の温度外気温  約24℃~27℃前後
物置の中 約24℃前後
培養液の容量約500ml
豆乳の量1ml、2ml、3ml、4ml、5ml
使用した豆乳・調整豆乳
・無調整豆乳
・麦芽コーヒー豆乳

結論 3種すべての豆乳1ml~5mlで培養出来た。

 ・調整、無調整、麦芽コーヒー、3種すべての豆乳1ml~5mlで培養が確認できたが500mlペットボトルに4,5mlの豆乳は多すぎたため下部に沈殿している様子確認できた。実際に豆乳でゾウリムを培養する際は、1mlか培養液が薄く白濁するぐらいでいい。

500mlの水道水に1mlか薄く白濁する程度の豆乳を入れるとよく培養できる

参考画像

①調整豆乳 5日目

②無調整豆乳 5日目

③麦芽コーヒー 5日目

使用した豆乳3種類

①調整豆乳 キッコーマン
②無調整豆乳 キッコーマン
③麦芽コーヒー キッコーマン

調整豆乳無調整豆乳麦芽コーヒー
会社名キッコーマンキッコーマンキッコーマン
内容量200ml200ml200ml
開封前賞味期間180日間180日間180日間

豆乳でゾウリムシを培養する手順

①500mlペットボトルに水道水を約500ml注ぐ。水いっぱい入れるより酸素をより多く取り入れられるよう飲み口下の出っ張ってるところを目安に入れるのがコツです。

A 調整豆乳1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

B 無調整豆乳1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

C 麦芽コーヒー1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

②調整豆乳、無調整豆乳、麦芽コーヒーそれぞれを1ml、2ml、3ml、4ml、5ml投入する。

A 調整豆乳1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

B 無調整豆乳1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

C 麦芽コーヒー1ml、2ml、3ml、4ml、5ml

③培養しておいた種ゾウリムシを30ml、調整豆乳、無調整豆乳、麦芽コーヒーの1ml、2ml、3ml、4ml、5mlに注いだ。

 ※種となるゾウリムシを持っていない人は、初期投資も1000円以内に収まるのでネットなどで購入しておいて損はないと思います。また培養を早めたい方は、種ゾウリムシの量を増やされてください。

⑤屋外の暗所(コンテナの中)に5日間放置し最終日に

◎ ゾウリムシ培養として十分に使用できる餌

〇 培養はできているが培養スピードが遅いまたは、培養量が少ない

△ 死滅していないが培養スピードが遅いまたは、培養量が少ない

× 死滅している

の4段階で評価した。

⑥ 日の当たる場所に置いておくと固まってしまうので豆乳は冷蔵庫で保存しました。

実験結果 500mlに対して豆乳1mlが適している

・結論でも書いたようにすべての豆乳1ml~5mlで培養が確認できたが、豆乳の量が増えるに従い沈殿する豆乳の量も増えていった。
・どの容量でもゾウリムシが培養できるのであれば今回の実験で一番容量が少ない1mlがコスパがいい。
・1ml入れたものは、5日目でほぼ透明になった。培養液が透明になり餌である豆乳がなくなったらその都度追加する。
 
調整無調整麦芽
1ml2ml3ml4ml5ml1ml2ml3ml4ml5ml1ml2ml3ml4ml5ml
3日目
5日目

豆乳のメリット・デメリット

メリット

スーパーやコンビニなど身近なところで購入できる。
・少量で培養できるためコスパがいい

デメリット

・保存期間が短く、開封後は封をして冷蔵庫などの冷所で保管が必要。
最新情報をチェックしよう!